カジノのルーレットの必勝法について

快適なオンラインカジノライフを送ってみませんか?自宅にいながら本場さながらの臨場感が味わえるオンラインカジノは最近巷で流行っています。数多くのゲームが連日開催されていますが、中でもルーレットは人気です。その理由に単純明快なルールが挙げられます。ディーラーがルーレットの台に投じた球がどこに転がっていくのか当てれば良いだけなので、老若男女誰でもすぐにルールを理解できます。時間がそれほど無いときでも楽しむことが出来るので、ルーレットは時間帯問わず非常に人気です。参加人数が1人でも開催されるのがルーレットの良い点です。カードゲームだとディーラーだけだと掛け金に限度がありほかの参加者を待たないと満足いくゲームにならないものがあります。せっかく意気込んで勝負の台についたのに出鼻をくじかれてしまってはオンラインカジノをするやる気が一気に失せてしまいます。自分のかけ学さえ用意すれば、かけ方によって何百倍にもなるルーレットは仕事などでプライベートの時間がまともに取れない人にとってオススメのゲームと言えます。今人気のオンラインカジノを探してみませんか?→今話題のオンラインカジノランキング

さて、カジノのルーレットの必勝法ですが、まずはかけ方を学ぶ必要があります。これを理解しているかいないかで重要な勝負に勝てるかどうかが変わってきます。ルーレットは運の要素が強いですが、全て運とは限りません。赤か黒かでいったら50%の確率で当たります。そして数字の縦や横の列などを組み合わせて同時並行してリスク配分する事が大切になります。こうすることによりディーラーの思考回路を鈍らせることが出来ます。ディーラー側としてはプレイヤーがかけた場所さえ外せばどこに入っても構いません。しかし、複数の箇所やかけ方を分散させて同時並行することで、狙いを分かりづらくします。特に時間制限を設けているオンラインカジノではディーラー自体にも次のゲームまでに球を投じる時間が決められているので、プレイヤーが最も狙っている番号などを分からないまま球を投げることになるので、意図せぬ所に落ちることがあります。その瞬間を狙って大きくかける事が大切なのです。

必勝法とはこうすれば勝ちに近づくという確率を如何に上げていくかに掛かっています。相手は百戦錬磨のプロなので、どこにどれくらいの力を入れて回せば良いのかある程度感覚で覚えています。もちろん不正はないですが、まるで機械のように寸分違わず入れていくと思った方が無難でしょう。相手のことをより深く綿密に知ることは必勝法確立への第一歩です。ライブカジノの場合、ディーラーとの会話は特に禁止されていません。節度を守れば多少の会話は出来ますので、ディーラーが分かる言語を話せれば多少の動揺を誘うことができます。つまり、勝負とは関係ないことを話すことで相手のガードを下げるのです。無意識の状態時に最も勝負すべき所にかけてさっさと球を投入してと指示すれば、ディーラーの思考回路を狂わして手元の動きを微妙にずらせます。多少ずれただけでも当初ディーラーが外す目的で投じたところから外れるだけでもプレイヤーにとってはかなり大きいです。赤か黒かだけでも既に100%の勝ちが見えてきます。もちろんあからさまにチップをかけていては作戦がばれてしまうので、そこら辺は話を進めていく中で徐々に増やしていきましょう。オンラインカジノの場合、運営会社によっては実際のディーラーと直接話せることがありますので、上記のような進め方で試合を有利にしましょう。指をくわえてみているだけでは必勝法はいつまで経っても完成しません。他人が見て不思議と思えることにこそ意外な必勝法は隠れています。もちろんディーラーにとっても青天の霹靂です。

次にディーラーとまともに話が出来ない場合の必勝法です。非常に難易度が高くなりますが、自宅にいるというメリットをふんだんに使います。まず、同じディーラーをなるべく選択して、少なくとも1ヶ月理想は半年以上データを作成します。日ごとに開催されるルーレットで全ての場に参加して多少のかけ額を投じて参加します。これによりディーラーやほかの参加者に不信感を持たれることなく一プレイヤーを演じます。次にその人の指の動きや台の回し方、他のプレイヤーが勝負をかけたときの球の動きなど全ての情報を収集することでディーラーの癖を見抜きます。確かに簡単ではありませんが、人間である以上どこかしらに偏りが生じます。これを見つけるまでが勝負と言っても過言ではありません。跡はディーラーがこちらの作戦に気づく前に大量のベットをかけます。この時出来るだけ負け続けた状態だとなお良いです。理由として無効が気づきにくく躍起になって勝負に出たという印象を与えるからです。一応保険として外れた場合でも一定量のチップが返ってくるように保険をかけておくのが上級者のコツです。勝てずとも大負けしなければいつかはチャンスが廻ってくるのでその時に仕留めましょう。