カジノのルーレットの確率は客に分が悪い

カジノのルーレットはゲームに参加をするのにお金がかからないため、どこで利益が出ているのかと思うかも知れませんが、そこは目の出る確率と払い戻しを調整してそこから手数料を徴収しているという形になります。
これはルーレットに限らずカジノではよく行われていることであり、バカラのようにわかりやすく手数料が取られるものもあれば、配当に差をつけてわからないように取っているものもあるのです。

それではルーレットはどのような仕組みになっているのかと言うと、一番わかり易いものとしては一点賭けをしたときの倍率があります。
盤上には1-36の数字と0に種類によって00の合計37か38個の数字があります。
オンカジマニアのブログ記事はこちら→
ブラックジャックを確率論と運で攻略する方法!優位性を保つプロのかけ方とは?

次に出る目を予想して高確率で的中させることは難しいので、単純に当たる確率は37分の1か38分の1になります。
しかし、払い戻しに関しては36倍にしかなりませんから、参加者側としては割に合わないことになってしまいます。

実力次第で的中率を高めることができるものであればまだしも、予想をしたところで的中率を変えることができないこのゲームで、確率に見合っていない払い戻ししか受けられないということは、その分だけきっちり負けてしまうということになるのです。
カジノはこのようなところで収益を上げています。