カジノ利権は日本だけの話?

日本でもカジノが解禁されることにより、利権の行方が気になる人も少なくありません。ただ、実際のところ、そうしたものは日本特有のものであり諸外国で見ていくと、実際にはカジノ利権なるものは存在しないことがほとんどです。映画ではカジノをマフィアが取り仕切るようなイメージですが、実際は相当細かくクリーンな運営がなされるように細かくチェックされます。反社会的な団体や組織の一員がいないかを当然のことながらチェックしていくだけでなく、ディーラーなども細かな身辺調査が行われます。自分だけでなく、二親等、三親等のところまでチェックが入り、反社会的な団体の関わりがないことを見ていきます。

世界ではこのような形でクリーンな運営がなされていることを確認していくのが主流ですが、日本ではそのあたりの制度設計がやや曖昧です。同じように厳しく運営がなされるならまだしも、どこにカジノを設置するかなども結局は政治家への働きかけなどによって決まる可能性が否定できず、利権につながっていく可能性があります。日本では様々な公営ギャンブルが省庁の管理下にありますが、カジノもその中の1つに入ったようなものです。このような利権はあまり諸外国では見慣れたものとは言えません。