なぜカジノ場ができると治安悪化するのか?

現在の日本にもパチンコや競馬などのギャンブルができるお店は多数存在します。当然運良く大勝利し大金を得て帰宅できる人もいますが、逆に大負けをし大損する方も出てきます。勝った方は一時的ではあるものの喜びの気分になるため、問題ありませんが、大損した方は自己責任とはいえ、ストレスを感じるのが特徴です。ストレスが溜まると周りからお金を奪いたいという気持ちが表れ、それが現実に実行されやすいため、ギャンブル場付近では治安悪化がします。

カジノにはたくさんのゲームが存在し、スロットの赤と黒のどちらかを賭けるゲームでは、通常ではどちらか一方の色が連続して出現しつづけるという事はありません。しかし絶対ないとも言えないため、倍かけの連続をすると最終的に全財産破綻になる事もあり得ます。その他にも自分で掛け金を選択できる場合、状況によっては多額を失う事も出るのが現実です。大損失が原因で犯罪をする方が出てくる可能性が極めて高いため、カジノ場ができるとさらに治安悪化が起こります。

カジノでの治安悪化を防ぐ方法として、大金を賭けられなくするのと、相当の数の警備員の導入によってある程度の犯罪行為の抑制に期待ができます。カジノ場のその場では何も犯罪が行われなくても、後日にカジノが原因で犯罪が行われる事もあるため、大損した方への事後対策も大切です。